お昼


お昼に食べた太麺の焼きそばです。美味しかった。


今日は朝から、乳がん検診を受けてきました。
日本で受けたのはもう10年前です。日本の検診のときは、結果が出るのが後日でしたが、タイの病院はその日のうちに結果がわかります。
結果は異常なしとのことで安心しました。





じつは、数日前に、近所のおばちゃんの猫が亡くなりました。末期の乳がんでした。
ネコの病気を見つけたのは私です。ある日、おばちゃんのネコのシーちゃんが、いつもの所にいて、近づくといつもなら逃げるのに逃げない。
見ると、すごく苦しそうな呼吸をしていました。
それから、シーちゃんの方から私に近づいてきて、スリスリしてくれました。シーちゃんを撫でたのは、その時が初めてで、そして最後になってしまいました。
よく見ると、シーちゃんの腕に傷があり血が出ていました。
おばちゃんは貧乏だし、そもそも猫を飼っているといってもエサをやるだけで、ちっとも愛していません。
うちで勝手にシーちゃんを病院に連れて行きました。

病院で、シーちゃんの体を見たら、胸から腕までただれて大きな傷のようになっていました。お腹の下の方にも大きな塊があって触ると硬かったです。
乳がんで、あと1カ月持たないと言われましたが、その5日後くらいに亡くなりました。


おばちゃんは、自分の猫が死んだのにヘラヘラしています。
あんなにひどい状態だったのに気づかなかった。おばちゃんは猫を撫でたことすらなかったでしょう。
シーちゃんがガンになったのは、避妊手術をする代わりに避妊薬を注射したのが原因だろうと医者が言いました。
それに、おばちゃんがあげてたエサは、赤や緑の色がついたエサで、それも多分ドッグフードなのでした。



おばちゃんはうちの唯一のご近所さんだし、いい友達だと思っていたけど、もう見損ないました。人間には優しくていい人だけど、ネコを大事にしない人はもう友達じゃないです。
シーちゃんがとても苦しそうにしていたので、早く天国に行ったのはむしろ良かったと思う。でも、愛されずに死んでいってかわいそうでしょうがないです。綺麗な、女の子らしい顔の三毛猫ちゃんでした。
最初の最後に、私に懐いてきてくれたのが、悲しくて懐かしいです。

スポンサーサイト

コメント

この”おばちゃん”って、mariさんが1人の時に、家に来てくれて一緒に寝てくれてるといってた人ですよね。びっくりです。
このお話は、頭にきました。
シーちゃん、、、悔しいですね、、、
最後に撫でてもらったのはうれしかっただろうな。
その”おばちゃん”がそういう人だったんだとわかった事は、よかったのかもしれませんね。

  • maya
  • 2019/10/19 08:58

mayaさん、こんにちは!コメントいま気がつきました。
そうです、いつもうちに来るばあさんです。友達としてはいい人なんだけど、ネコのことは異常だし腹がたちます。じつはばあさんは、もう1匹ネコを飼っていて、まだ若いネコですが心配です。

  • pakarina
  • 2019/11/07 16:13

もう1匹いるなんて、、、そのコ守ってあげたい、、、
そのおばあさん以外のところへ自らどこかへ行ってほしいな、、、
どこかへ行くのも心配だけれども、そこにいるよりは良いような気がします。

  • maya
  • 2019/11/29 14:57